短期アルバイトの面接と採用

短期アルバイトの場合、面接が無かったり履歴書が必要なかったりすることも珍しくありません。
500人大量募集とか、たくさんの人材を必要としている短期アルバイトに多いです。
とにかく人手が必要な短期アルバイトです。

そして短期アルバイトでは普通の長期アルバイトのものに比べると、採用までの時間が短い傾向にあります。
採用までの順序が募集要項に書いてあるアルバイトもあるので、前もって確認しておきましょう。何件も面接を受けている場合、いつ頃結果が出るのかは把握しておきたいものです。

また短期アルバイトは募集の期間内であっても、人数がそろってしまえば募集を終了してしまうことが多々あります。いいと思った求人があったら、なるべく早めに連絡を入れて面接を受けれるようにするといいでしょう。また予定をなるべく開けておいて、連絡があったらすぐに面接の予定を入れられるようにしておくことも大切です。

500人大量募集というような仕事だと、パーマや茶髪といった身だしなみについてうるさくないことが多いです。しかし中にはヘアースタイルやファッションについても制限してくる会社があります。アルバイトだからいいとか、無責任な考えで応募をするのはやめましょう。

そして採用してもらいたいために、自分の条件を諦めてしまうこともやめましょう。
採用してもらいたいからといって何日でも勤務できると言ってしまい、本当は用事があって出られない日もあったので結局会社に迷惑をかけることもあります。短期や単発の仕事でもうお世話になることはないからといって、甘く見てしまうのだけはやめましょう。短期でも長期でも社会で働くことに変わりはないのですから、責任を持って働きたいものです。