短期アルバイトの種類

決まった日にちや期間だけアルバイトをする短期アルバイトですが、大きく2種類に分けることができます。

1つ目はその雇ってもらった会社で働くケースです。
もうひとつは登録制の短期アルバイトで、派遣会社と契約して働くものになります。

1つ目のケースは長期のアルバイトでもよくあるパターンで、自分が働きたいと思った会社に面接に行って採用されればそこの会社で働くことができます。
短期アルバイトの場合であればその会社が忙しい時期などに募集があって、イベントなどが行われている期間などに限って行われるでしょう。
履歴書を送った会社で働けるということの利点は、まずアルバイト先の雰囲気やスタッフの様子などを前もって確認できるという点です。

派遣の仕事の場合はどこの勤務先になるか分からないので、そのような事前のチェックはできません。お店などに前もって偵察に行って、お店の雰囲気が自分に合っているかなど考えることができるでしょう。また面接官はその会社の人間なので、仕事内容について質問もできます。同じ職場でその期間働くということは、同じ職場で働く仲間も作ることができます。派遣の仕事だと、職場はすぐ変わってしまうことが多いので、仲間というものはなかなかできません。

登録制の派遣アルバイトは、派遣会社に登録することで短期のアルバイトを紹介してもらうというシステムをとっています。派遣会社は仕事があると、登録者の中から適している人を派遣するのです。
派遣のアルバイトの利点は色々な仕事を経験することができることです。長期のアルバイトだとなかなか色々な仕事を経験することはできません。

またアルバイトが変わるからといって履歴書をまた一から書く必要はありません。日払いや週払いの給料の支払い方をしている会社が多いこともメリットです。

ちなみに派遣登録だったらここもチェックしてみてね!
あなたにピッタリの条件で働くなら